読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣り時々思ったことなど

霞ヶ浦本湖がホームのバサー日記

10/15 バス2 自己ベスト更新!

水温:17℃(朝)、20℃(昼)

時間:7時~16時

場所:本湖(ok,us,ya)、sakai

釣果:バス2

2016年釣果:67

 

今日も行ってきました。

まず、本湖からスタート。朝の水温は17℃、外気温は10℃

ひんやりしてきました。

 

最初のポイントへ

今日は減水著しかったです。40㎝ぐらい減ってるんじゃないかな?底がよく見えました。水は濁りなし。いつもの霞色です。

 

今までにない減水なのでシャローは厳しいか?とよぎりましたが護岸際をスピニング5lbネコリグで探りますが反応なし。少しでも水深あるほうがいいかと思い移動。

次のポイントはワカサギ釣りの方が多いいです。10月中旬に急に増えました。

まぁ、一時的なものでしょうが・・・

ここも護岸を攻めるも反応なし。移動、東浦へ

 

東浦の杭がある以前爆釣したポイントへ

ここも減水してました。普段完全に水の中の杭が水面から出ていました。

ここで減水の恩恵が、、普段偏光レンズをかけても気づかないような杭が今日は丸見えでした。この場所、こんなに杭があったんだ・・・知らなかった。

杭がたくさんあるので杭打ち開始・・・が反応なし。

やはり今日のシャローは厳しい。反応ゼロです。西浦にもっどて護岸際をネコリグで探るもダメ。今日の本湖はほんとに厳しかったです。(人も多いし)

 

なので、流入河川に移動。昼なので人は少ないです。偏光で見ると見えバス多数。

偏光レンズは霞では必要ないと今まで思っていましたがこれは必須ですね。見える世界が変わりました。こんなに魚いるのね。

なので初めてのサイトフィッシング。見えバスがいたので近くにスイングインパクトダウンショットを落とすと、すごい勢いで食いつきました。

合わせましたが乗らず。残念。

ただ、浮いてるバスを多数見かけたのでネコリグよりダウンショットのほうがよさそう&身切れせずキャストできるので流入ではダウンショットでおもに攻めました。

 

下流側にキャストして誘っていると弱いバイトがあり、合わせました。

最近バイトの感覚を覚えてないんですよね。。瞬間的に判断しているので、、感覚が残らないというか・・「どんなだっけ、確かこんな感じだったような」みたいな感じです。

で乗りました。最初こちらに簡単に引っ張てこれたので小さい?でしたが

姿が見えると今まで見たことないサイズ。何としても釣り上げねば。。

ただ5lbなので無理やりすぎるとブレイクしそうで怖く、またバスもかなり粘りなかなか寄せられませんでしたが、、、初めて釣ったときのようにハラハラ、ドキドキで興奮しました。

これがあるからバス釣りはやめられないです。

 

何とかキャッチ、めっちゃ重たい&でかい

f:id:uraurarara:20161015212957j:plain

 

47cmでした。 片目見えてない感じでした。

f:id:uraurarara:20161015212945j:image

 

自己記録更新です。よっしゃー!うれしい。

でも、雑誌とかで見る50cmoverどんだけでかいんだよっていう気分になりました。

 

さらに上流側に移動して探りました。流れがあるところにバスが固まっていたので

離れたところにキャストし、近づけますが嫌がって消えてしまいました。難しい・・・

 

そのあと、広範囲に探っているとキャスト後に糸が緩まずにずっと張った状態、、

これはキタッと合わせで乗りました。

合わせがきまると気持ちいです。かなり

 

40cmぐらいのバス君です。

f:id:uraurarara:20161015213017j:image
 
今日の本湖は難しかったですが、減水の目安が出来た気がします。これぐらい減水するとダメなんだとか、、
何にしても午前中は0でしたが午後からかなりいい思い出来ました。
ドキドキするのは久しぶりで最高です。