読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣り時々思ったことなど

霞ヶ浦本湖がホームのバサー日記→福岡県の池、河川がホームのバサー日記

10/29 ノーバイト 川は濁ってました。

時間:6時〜15時

水温:16.8℃→30日朝14℃

場所:us,ya,hishki,sakai
連続ボウズ記録:5
 
 
ダメでした。
先週から反応なく、食わせのシェイクズル引きからダウンショットのリアクションに変更してみました。
まず、本湖からスタート。
ワカサギ釣りの方が沢山and川鵜が沢山なのでベイトはいると判断し、護岸際をリアクションで探りましたが反応無し。
人が多すぎるので流入河川に移動。
昨日の冷たい雨でかなり濁っていました。
ここもリアクションで探りましたが反応なし。途中から食わせのアクションに変更してみましたが反応なし。
見える魚も鯉ばかりでした。濁り過ぎてダメなんだろうか?
その後は東浦へ移動。最初流入河川へ
ここも濁ってました。前日に雨が降るとダメなんですね。本湖は濁ってないんですが・・・魚も見えいし・・・
移動。
6月に釣れたポイントへ
護岸際を打つも反応なし。ダメだ・・・
水温20℃を切ってから厳しくなったと感じます。水温も一週間ごとに2℃近く下がっているのでこれが魚が口を使わなくなるというやつなのだろうか?
でも今週開催されたバサーオールスタークラシックのトッププロは釣ってますね。
それもかなりの数を
少しでも近づきたいです。サンデーアングラーですが・・・
 
釣具屋で濁り対策用ダウンショットとしてグリパンチャートのサターンワームとハイドロハンド4in買ってみました。
自然な色のワームでも魚の目の前を通せれば釣れるんですが、少しでも魚に気づいてもらうために目立つ色、大きさを変更してみます。(今はスイングインパクト3in)
以前はでかいハードルアーで気づかせないと釣れないとを使いまくりました。以前の考えと今の考えのハイブリットで試してみます。
 
f:id:uraurarara:20161030205859j:image